投資

【20代投資家】資産額とポートフォリオの見直し「2021年12月」 

投資
スポンサーリンク

こんにちは、よちよちかめです。

今回の記事では、「よちよちかめ」の資産運用状況や、今後の課題、2021年1月末までの投資戦略などを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

資産運用ポートフォリオ

20代若手投資家「よちよちかめ」の資産運用割合です。

運用額は、2021年12月現在で 850万円 となっています。

「よちよちかめ」資産運用ポートフォリオ

仮想通貨 

自分でも分かっていたのですが、仮想通貨の割合が非常に大きくなってしまっています。

仮想通貨は、ビットコインを保有しています。少しずつ、ポートフォリオの割合を減らしたいです(^_^)/

ビットコインは、2021年の11月から30%程度暴落してしまっているので、私の資産もかなり減ってしまいました。

→また、すこしずつ上がって欲しいものです。

国内株 (高配当メイン)

国内株は、ほぼ全て長期保有を目的として保有しています。

高配当個別銘柄の割合が多いです。

その他は、ソフトバンクなど・・・ これかなりやられています。戻るまで持ちます(>_<)

個別銘柄は、なかなか難しいですが・・・高配当銘柄は、凄く心が落ち着きます(^_^)/

多少含み損がでても、配当目的なので気になりません。

ソフトバンクは・・・・(T_T)

米国株

米国株は、バリュー株とグロース銘柄どちらも保有しています。

基本的に長期目線でほとんど保有していますが・・・

70万円ほどで、短期で小型株(ハイパーグロース,グロース)など購入したりしています。

この70万円は、自分の趣味で少し遊んでいきたい・・・(リスクを大きく取っていきたい)

投資信託・ETF

お恥ずかしい話ですが、投資信託を始めたのが最近でまだまだ資金が少ないです。

以前は、気になる個別株ばかり買って長期保有していましたが、積立投資をしっかり行っていきたいと思います。

投資信託は、全米株式をコア(メイン)にしていきます。

NASDAQが少し下がるようなら、タイミングを見て,NASDAQ100指数も買ってみても良いかなと考えています。

スポンサーリンク

資産運用額

今回調べてみると、運用している資産が850万円ほどになりました。

ビットコインが高値で水準の時には、1000万円いけたかどうか!! って感じだと思います。

やはり、高ボラティリティーのものを多く保有していると資産の増減が激しくなってしまいます。

今後は、積立投資などの堅実な投資の割合を増やし、世界の経済成長とともに資産を増やしていきたいです。

目標として、

現在「よちよちかめ」は,20代中盤なので

30歳までに資産運用額を3000万にしたいと思います。

できれば5000万を目指したいです(T_T)

スポンサーリンク

2022年1月末までの戦略

2022年は、米国株のテーパリング,利上げがあります。

個人的に、グロース銘柄に注目していたのですが、2022年は、グロース銘柄が厳しい環境になります。

2021年のように高値をばんばん更新していく相場になりにくいと思うので、バリュー株などを少し調べていこうと思います。

でも今持っている銘柄は、基本的にホールドのままにしたいと思っています。

デット・キャット・バウンス

12月中旬~1月の中旬ぐらいまで、デット・キャット・バウンスを狙っていきたいと思います。

デット・キャット・バウンス とは?

マーケットが大きく下げた後、一時的に起きる反発のこと。英語では「Dead Cat Bounce」(=死んだ猫でも、高いところから落とせば弾む)で、ウォール街で使われる格言の一つ。

野村証券HPより引用

タックスロス・セリングで売られ暴落しているIPOしたばかりの小型銘柄を狙おうと思います。

今年にはいって、この「タックスロス・セリング」後の「デット・キャットバウンス」を狙うテクニカル戦略を知りました。

今回この戦略で、短期の利益を狙ってみたいと思います。

TradingView 提供の「VRM」チャート

上記のような右肩下がりの銘柄の短期的な小反発を狙っていきます。

個人的にデット・キャットバウンスがあるかもと注目している銘柄は、空売り比率の高い銘柄です。

注目銘柄

銘柄(ティッカーシンボル)空売り比率(Short % of Float)
VRM18.91
SDC26.93
OTRK26.31
WISH25.58
PRLD73.53
yahoo finance (2021年11月29日データ) より引用

※投資は自己責任でお願いします。

などのチャートに注目しておこうと思っています。

 デット・キャットバウンスは、長く上昇しても3日程度だと言われていますので、すぐに利益確定したいと思います。

たとえデット・キャットバウンスがうまく現れず、含み損になってしまった場合にも、1月末までには、売却したいと思っています。

まとめ

2022年は、米国株式のパフォーマンスが一時的に落ちる可能性があります。

VTIの積立投資は継続しつつ,個別のバリュー株などにも注目していきたいと思います。

日本の国内株は、高配当がメインですのでとりあえずホールドという感じいきたいと思っています。

短期目線では、米国小型株の「タックスロス・セリング」後の「デット・キャットバウンス」を狙っていきたいと思います。

よちよちかめでした。今後とも宜しくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました